読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気分屋はじめました。

躁鬱 セクシャルマイノリティー もうすぐ三十路 悩み迷走中

今年の振り返りと、現在。

f:id:marumiya7:20161212223619j:plain







ブログ説明にもありますが。

もうすぐ三十路のセクシャルマイノリティ
躁鬱疑惑です。
なので現在、精神薬を服用し、
プラチゾラムをのんでいます。



いよいよ12月に入りました。
ほんっっとに速かった一年が。
 


今年は、年明けからは引っ越しした。
賃貸ではあるが、犬を買いたいが為にと、一軒家に。

家賃は多少あがるが気楽に飼えるのが良かった。
あと、仕事も上手くいき、現場主任になり給料もあがった。




3月に焼肉を食べに行く前にたまたま立ち寄ったペットショップで今の飼い犬と出会う。(ᵔᴥᵔ)




それまでも、ペットショップをチラチラ見に行ってはいたが、フィーリングの合う犬がいなかった。



今の飼い犬は、小型のMIX犬。


MIX犬なんて。
なんか流行りみたいで嫌。と思っていたが
まさかの即買い。


といっても市内の繁華街のペットショップ。
高いのでローンで。



ゆくゆく、メンヘラになりゆく私の救いになったのは間違いないし、感謝している。
し、この先も大切にしたい。



今年は出だしも良く、調子が、良かった矢先。

ついに私にも訪れましたよ。

はじまりは、5月の末に眩暈と動悸、息苦しさで仕事中に立つことができなくなり仕事で早退。

仕事はやればやるほど認めてもらえている気がして頑張った。
毎日残業もし、(しざるをえない)
休日も仕事で鳴り止まない電話や、突然のトラブルやクレームで職場にかけつけたり。





だか、全て自己責任。
うまくできなかったのも、その仕事を選んだのも自分。わかっている。


が一度、病むと思考が働かなかった。
苦しくて、楽になりたいだけだった。

そうこうし、夏も基本 何もしたくなくなり
無気力だった。



いずれ良くなる。なんてイメージもできずに
ずっと苦しいとだけ感じていた。

その間も彼女は支えてくれました。
いかなる自分も、受け入れてくれるのは家族以外にこの人しかいないと感じた。
あと、飼い犬ちゃんも。




そんなこんなで、休職しだして半年過ぎ一昨日あたりから、すっごく気分が良い。



ぎゃくにうつの苦しかったのはなんで?!ってくらいに不思議に感じる。



また、外の冬の匂いも、四季を感じ心地よかった。



犬の散歩中も街中の人に
話しかけられるのにドキドキしたのも、買い物し、レジでの店員さんに対するドキドキ(恋愛ではないい 笑)もなくなった。

むしろ、人と話しがしたい。

お隣の家のおばあさんや、他の犬連れの人。
子供。友達。
触れ合う事は素晴らしいと感じる。
生きている。この場に存在する。存在して良いいんだと実感できる。


できるなら、この感情を保ちたいな。



これが軽躁出らないことを祈るのみ。

生きることは奇跡。

不幸か幸せかも自分の気持ちしだいですね。