読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱らしいよ

躁鬱 セクシャルマイノリティー もうすぐ三十路 悩み迷走中

人生の流れ

f:id:marumiya7:20161205124659p:plain


渡る世間は鬼ばかり











そんなに鬼ばかりでもない。。






ただ、心理学のなんかとか、

占術やら統計学とか、厄とか

風水だとか、スピリチュアルだとか、、






そんなのキリがない。






そして追求すると永遠にかかりそー時間が。



自分にとって都合のいい事や情報

よりどりみどりにして生きていけたらいいんじゃないか。










そして何事も詳しくないから

そしてたいした人生もいきてないから

若くもおいてもいないから。




何が正しいとか本質とか考えても考えても結局

答えはでない。






人生において、まず一般的にはじまる 陰 とか、災とかとか苦とか

負の要素は厄年と思う。




女性の厄年

女性の厄年前厄本厄後厄
一度目18歳19歳20歳
二度目32歳33歳34歳
三度目36歳37歳38歳
四度目60歳61歳62歳

女性の厄年は人生で4回訪れます。本厄の前の年を前厄、後の年を後厄と考えると合計で12年あります。



男性の厄年

男性の厄年前厄本厄後厄
一度目24歳25歳26歳
二度目41歳42歳43歳
三度目60歳61歳62歳

男性の厄年は人生で3回訪れます。本厄の前の年を前厄、後の年を後厄と考えると合計で9年あります。

(コピー)

女のほうが3年も、厄年長い。
寿命も長いから?!

ちなみにftxだったり
体は女心は男の場合どっちの厄が当たる?!



実際に、18歳から19歳に変わるあたりで私はバイク事故をして 手術と入院する程の怪我を負いました。

次にまぁ、五月病とかだったり(新社会人とか)



社会のルールを学んでって。
税金の怖さとか!笑




で、なんやかんやと20代半ばを過ぎたあたりから
歳とるのがなんか嫌になってきて。。


なんか、
『サターンリターン』が、訪れたり。

サターンリターン」とは占星学上の定義で、土星サターン)が出生時の位置に戻ってくることをいいます。 土星の公転周期が約29年のため、誰でも29歳、58歳、87歳...... と、29年ごとに「サターンリターン」を迎えます。 大殺界、厄年と、人生には災いが起こる年があるとされています。
(引用)


とか



『クオーターライフクライシス』

にたどり着いたり。

クオーターライフクライシスとは、
20代後半に訪れる幸福の低迷期。
アイデンティティの混乱、将来への不安、喪失感や希望の減退など。らしい。




私まさにいまそれです。







もはや、日本の80パーセントくらいの人が、20代後半以外の人がそれかも
80パーセントってゆう数字は私の勝手な思い込みで。


25歳お肌の曲がり角とか
29歳 転機説だとか
30歳成人説だとか


いろいろあるみたいですね。

まぁ、ある意味29歳にしてメンタルがやられ休職になりローンや請求に追われだし、悩みはじめました!!

来年成人したいっす!



で成人とする30歳。いよいよ大の大人です。




ちゃくちゃくと顔のタルミが気になります。
ほうれい線。
あれ?って気になりだす。
こんな目立ってた?とか。



あとびーるっぱら
腹でてくる。



でも、中身がついてきません。
精神と肉体の年齢 反比例   笑





そしてまた、『ミットライフクライシス』と言うものが、訪れるのである。




(以下コピー)


カナダの精神分析学者エリオット・ジャックはこの心理的葛藤を「ミッドライフ・クライシス」と名付けました。欧米ではすでにこの言葉が一般的になり、すでに社会問題として認知されています。

「人生に迷いが出ている」「これまで価値を感じていたものが急に無意味だと思うようになった」というあなたは、すでに「ミッドライフ・クライシス」になっているかもしれません。







え?!


二十代のクオーターライフクオーターの次
ミッドライフ?!



まじすか?!
また?



てかむしろ29歳から永遠悩んでるままじゃないの?笑


で 40歳あたりは更年期とか〜
     50歳にもまた、サターンリターンあるね
    60歳になり歳もとり体力の衰えとかをどーのこーの

87歳で、また、サターンリターンあるやん。


って事は、いろいろな情報をまとめた結果は、人生は70代が安定している!と、なりました!




理由は、
あまり、何もパッとする、ピックアップされてない平和なときだからです。









みなさん!70歳に希望をもちましょう!




以上 私の調べた結果でした!